臨床実習

理学療法学科・作業療法学科

現場での生きた学びで、
実践力を身につける。

学生であっても、実習で現場に立てば一人の医療従事者。リハビリテーションを必要とされる方のために最善を尽くさなくてはなりません。本校では、全国の受け入れ実習施設の協力により、各学年に応じた臨床実習の機会を多数設けています。

臨床実習スケジュール

理学療法学科、作業療法学科とも1年次から3年次まで計5回・23週間の臨床実習を行います。
3年間を通じて基礎から評価、総合臨床実習へと徐々にステップアップし、
着実にリハビリテーションの技術を身につけていきます。

学年 実施月 実習名 内容 期間
1年次 2月 基礎実習Ⅰ リハビリテーションの現場を見学する。 1週間
 
2年次
8月 基礎実習Ⅱ 見学・体験を通し、
リハビリテーションの役割を理解する。
1週間
2〜3月 評価実習 評価(検査・測定)や目標設定を実習する。 5週間
3年次 4〜5月 総合臨床実習 I 評価・目標設定から治療・再評価までを実習する。 8週間
6〜7月 総合臨床実習 II より高度な評価・目標設定から
治療・再評価までを総合的に実習する。
8週間